医師・スタッフの紹介|オハナ糖尿病内科クリニック|田中秀樹

医師・スタッフの紹介

院長あいさつ

院長写真

オハナ糖尿病内科クリニックの田中秀樹です。
私の祖父は2型糖尿病でした。
今ほど、簡便なインスリンがない時代でしたが、1日2回のインスリンを注射する姿は僕にとって日常的な光景でした。
毎朝決まった時間に野菜たっぷりの朝食をとり夕方になると従業員達と談笑しながら柿の種とさきイカをつまみにちょっとだけビールを飲む、そんな毎日でした。
たまに食べる好物のまんじゅうは、中身の餡をほとんど取り出し、皮にほんのすこしだけ残った餡で”これで十分甘い”と嬉しそうにゆっくりと味わいながら楽しんでいました。
旅先の旅館では仲居さんに自分が糖尿病であるため料理を完食できないことを伝え、すべての料理を一口ずつ満足そうに食べていました。
そんな祖父が身近にいた自分にとって”糖尿病のある暮らし”は自然な光景でした。祖父自身も糖尿病であることを後悔することなく、日々の生活を楽しんでいるように思えました。毎月の診察を欠かさずに行うことで50年近くの糖尿病人生で、初期の腎症、神経症を合併していましたが、生活に支障が出るほどの状況にはならず僕が医師になって2年目の夏に天寿を全うし天国へ旅立ちました。

そんな祖父との過ごした大切な時間が、私が糖尿病内科医となったきっかけであったのかもしません。
“生活習慣病は痛くも痒くもないのに、どうして病院に定期受診しなくてはいけないの?”と良くきかれます。
糖尿病を中心とした生活習慣病(高血圧、脂質異常症、高尿酸血症)は血管の老化を早め、脳梗塞、心筋梗塞、認知症の原因となり最近では発がんや骨折の危険性も増すことが指摘されるようになりました。
生活習慣病はただ薬を飲めばいいというものではありません。
どうしたら、薬を必要としない治療ができるか?薬を使うとしても効率よく使用できるか?
長い経過の病気です。当院スタッフは“チームオハナ”として皆さんを最先端の知識と豊富な経験で全力サポート皆さんの“糖尿病のある暮らし”を応援したいと思っています。なんでも気軽にお話しください。

院長 田中 秀樹

経歴

平成9年
帝京大学医学部 卒業
平成9年
帝京大学附属市原病院 第3内科
平成11年
東京警察病院 シニアレジデント
平成17年
帝京大学大学院医学研究科 卒業
平成17年
海老名総合病院・糖尿病センター
平成19年
  同院 副医局長
平成20年
糖尿病センター 医長
平成23年
   〃    部長代理
平成24年
   〃    医局長兼務
平成25年
   〃    部長
平成29年
オハナ糖尿病内科クリニック 開院

資格・所属学会

  • 医学博士
  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本内科学会 総合内科専門医・指導医
  • 日本糖尿病学会 糖尿病専門医・指導医
  • 日本糖尿病協会 療養指導医
  • 日本抗加齢医学会 抗加齢専門医
  • 日本肥満学会 肥満症専門医・指導医
  • 日本内分泌学会
11月
29303101020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
26272829300102
12月
26272829300102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31010203040506

:休診日  :午後半休